PICK UP 不動産売却時のポイント!

不動産売却で知っておきたい知識

不動産売却を行う際には、さまざまな諸費用が必要です。加えて、基礎的な知識についても抑えておかなくてはなりません。
また、どの不動産会社に依頼するかも成功のカギとなります。
こちらでは、長崎県佐世保市の「ロン・ホーム企画」が、不動産売却時のポイントについてご紹介します。

売却時・購入時にかかる費用や税金を確認

売却時・購入時にかかる費用や税金を確認

不動産売買は「諸経費込み」といった金額表示がなく、購入・売却の場合には総額がいくらになるのかを、おおまかに把握してから取引に臨む必要があります。実際の取引時になって、思ったよりも費用がかかったとならないために、必要となる諸費用を確認しておきましょう。

不動産購入でかかる諸経費
契約
項目 内容 一般的な支払時期
印紙税 売買契約書、建築請負契約書等に貼る収入印紙代 契約時
登記
項目 内容 一般的な支払時期
登録免許税 登記の際にかかる税金 残金時
登録免許税報酬 登記手続きを依頼する司法書士への報酬 依頼時
ローン
項目 内容 一般的な支払時期
融資事務手数料 金融機関への手数料(金融機関で異なる) ローン契約時
印紙税 ローン契約書に貼る収入印紙代(融資金額による) ローン契約時
ローン保証料 保証人を立てる代わりに保証会社などを利用する場合の費用 (金融機関で異なる) -
団体信用生命保険保険料 住宅ローンの借り入れにあたって加入する保険料(銀行ローンの場合は金利に含まれているので不要) -
火災保険料 住宅ローンの借り入れにあたって、建物にかける保険料 (金融機関で異なる) -
仲介
項目 内容 一般的な支払時期
不動産仲介手数料 不動産会社に支払う仲介手数料 売買契約時・残金時
税金
項目 内容 一般的な支払時期
不動産取得税 土地、建物を取得した際の地方税 登記後数ヶ月
贈与税 購入資金の贈与を受けた時など -
固定資産税・都市計画税清算金 年税額を引き渡しの日以降の分日割で清算 引き渡し時
その他
項目 内容 一般的な支払時期
管理費等清算金 マンションの場合、月額管理費を引き渡しの日以降の分日割で清算 引き渡し時
負担金 建物住宅の購入の場合、 水道加入金等の負担がある 引き渡し時
不動産売却でかかる諸経費
契約時
項目 内容 一般的な支払時期
印紙税 売買契約書に必要な収入印紙代 売買契約時
仲介
項目 内容 一般的な支払時期
不動産仲介手数料 不動産会社に支払う仲介手数料 売買契約時・残金時
登記
項目 内容 一般的な支払時期
登録免許税 抵当権や売主の表示に変更がある場合の各登記費用 残金時まで
登録免許税報酬 登記手続きを依頼する司法書士への報酬 依頼時
登録免許税 建物に未登記部分がある場合の表示登記費用 残金時まで
登録免許税報酬 登記手続きを依頼する土地家屋調査士への報酬 依頼時
登録免許税 土地の実測や分筆がある場合の各登記費用 残金時まで
登録免許税報酬 登記手続きを依頼する土地家屋調査士への報酬 依頼時
税金
項目 内容 一般的な支払時期
譲渡所得税 土地、建物を売った時 申告

売却を成功させるための秘訣とは?

まずは相場価格を確認

まずは相場価格を確認

国土交通省が提供している地価調査データを見ると、所有する不動産のおおよその査定価格を知ることができます。ただし、この金額はあくまでサンプルなので、築年数や周辺環境によって異なる可能性が高いです。とはいえ、事前に相場が頭に入っていると、査定価格との差にどのような要因があるのか質問することもできるようになるため、ぜひチェックしておきましょう。

売却までの流れを把握

売却までの流れを把握

不動産売却の際には、どのようなステップがあるのかを把握しておきましょう。全体の流れがわかっていれば、売買契約までの期間を短縮できる他、効率的な売却活動に役立ちます。詳細な不動産売却の流れについてはこちらをご確認ください。

不動産情報の整理

不動産情報の整理

査定時や内覧時には、不動産情報を提示できるとスムーズです。そのため、平米数や最寄り駅・路線、駅までの距離に加え、生活の中で感じている利便性、マイナスポイントなどを整理しておきましょう。

不動産会社選びのコツとは?

お客さま目線の不動産会社

お客さま目線の不動産会社

不動産売買に望むことは人それぞれです。「売却までの時間を短くしたい」「時間はかかっても高く売りたい」といった要望をしっかりとくみ取り、最大限協力してくれる会社を選びましょう。一方、自社のやり方を無理に勧めるようなところは避けるのが賢明です。

販売力の高い不動産会社

販売力の高い不動産会社

不動産を売却する際には、積極的な販売活動が重要です。チラシや新聞広告、Webサイトはもちろん、電話やポスティングなどの営業活動も行っている不動産会社は、販売活動が活発であると言えます。

丁寧な説明をしてくれる不動産会社

丁寧な説明をしてくれる不動産会社

不動産取引では、専門性の高い知識や経験が必要なため、プロが在籍する不動産会社を頼りがちに。ここで都合の良い情報ばかりを提示してくる業者には注意しましょう。メリットはもちろん、懸念点やデメリットなども丁寧に説明してくれる不動産会社は信頼できるパートナーといえるでしょう。